ケータイ辞書JLogosロゴ 市原村(近世)


広島県>尾道市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国御調【みつぎ】郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる地。村高は,元和5年「知行帳」397石余,寛永15年地詰508石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに同高。宝暦5年村立実録帳によると,毛付高423石余・畝数39町8畝余うち田279石余・20町6反7畝余,畑132石余・17町6反2畝余,屋敷地11石余・7反9畝余。農作物は畑では麦地101石余・13町2反,田では早中田162石余・11町9反7畝,晩田75石余・5町7反3畝余,藺田34石余・2町6反3畝,煙草3石余・3反4畝,戸数84・人数429とある。「国郡志書出帳」では戸数110・人数529。「芸藩通志」によれば,戸数103・人数529,村の広さは東西10町・南北30町,牛56・馬30,農間余業では採樵,畳表を織る。御調郡藺作十四か村の1村。池に天神池・東谷池・坂根池・槙峠池・上寺池,名勝に懸泉数丈で瀑背の岩中に竜門地蔵がある瀑泉と光福寺山の頂にあって風がないのに鳴動して砂石を飛ばす時,村に災異があると伝える天狗松がある。また故家に平田氏,先祖平田杢之助は出雲国の平田左衛門佐尚則の次子,永享年間に郷士として当村上岡に住し,弘治年間に九郎左衛門が帰農,慶長年間より代々村役人を勤むと記す。明治4年広島県に所属。同21年の戸数177・人口994。同22年木ノ庄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420702
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ