ケータイ辞書JLogosロゴ 今田村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」971石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,戸数183・人数890(男454・女436),牛79・馬47,市ノ分55石余,郷ノ分915石余に分かれ,田82町余・750石余,畑14町余・39石余,屋敷2町余・36石余,高143石余,市は五日市と称し,長さ2町・幅2間,戸数35が石見浜田路にそって軒を連ねていた。また給知500石余,給人7,楮95貫目を産し,下桶屋・小鍛冶各1。「国郡志書出帳」によれば,戸数184・人数861(男467・女394),牛91・馬32。入会野山にむかい山1・小内山1・腰林50,橋20,用水掛樋1・井手22・池堤22・溝11・石和久12・木和久8。寺社は,天正2年今田中務少輔再建と伝えられる八幡宮,大永2年僧道正開基と伝えられる真宗法専寺,ほかに小祠3・小堂4。明治4年広島県に所属。同22年八重村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420767
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ