ケータイ辞書JLogosロゴ 宇賀(近代)


広島県>甲奴町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ広定村,昭和33年からは甲奴町の大字。明治24年の戸数232・人口1,159。農林業を主としていたが同27年頃から養蚕が始まり大正初期には飼養農家数40戸にも達した。大正元年宇賀報徳信用販売購買組合が発足。六つ宗にある大正池は同6年着工,同11年完工(受益面積20町,工事費1万4,848円)。同14年頃電灯がつく。昭和初期まで一宮谷札ケ峠に瓦工場があり16窯を持っていた。同30年宇賀小学校が太郎丸から郷に移転。同36年一部を吉舎【きさ】町雲通【うずい】へ編入。同43年の世帯数200・人口829。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420831
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ