ケータイ辞書JLogosロゴ 後有田村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」501石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,村の広さは本郷が東西14町余・南北14町余,戸数87・人数419(男214・女205),牛34・馬15,田39町余・387石余,畑6町余・25石余,屋敷1町余・18石余,高70石余。また給知150石,給人3,楮32貫目を産し,下大工・木挽各1。「国郡志書出帳」によれば,戸数108・人数493(男257・女236),牛76・馬22,今田村に山手銀を出し毛上入会としている野山に河内山1・向山1・腰林30,橋3,井手23・雨池10・溝11・和久10。当村は飛郷が多く,「民家も五軒拾軒山壱軒弐軒と申様ニ入交り諸事不便利」であり,旱損がちで雨池を作るのにも村独自の動きはできなかった。氏神は法蔵寺社・神田社,ほかに小堂2。明治4年広島県に所属。同22年八重村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420843
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ