ケータイ辞書JLogosロゴ 後地村(近世)


広島県>尾道市

江戸期〜明治9年の村名備後国御調【みつぎ】郡のうち南は尾道町(尾道浦村),東・西は尾道水道に面し,北部は山地谷あいに水田,丘陵地に畑が展開する地名の由来は,尾道町の後背地であることによるというはじめ町場の尾道町に対して尾道村と称されたが,寛永6年に改称広島藩領蔵入地村高は,元和5年「知行帳」では「おの道村」と見え733石余,寛永6年後地村御本町803石余,正徳2年所務役人頭庄屋郡邑受方記804石余,「芸藩通志」807石余,「天保郷帳」では尾道村と見え804石余,「旧高旧領」807石余万治2年後地村地坪之帳によれば,畝数103町4反5畝余うち田130石・10町2反8畝余,畑332石余・63町5反3畝余,屋敷地5石余・3反1畝余,欠り高230石余・15町6反4畝余,毛付高570石余・87町8反余,新開2石余・8反5畝余寛文4,5年頃の戸数274・人数848(書抜)「芸藩通志」によれば,戸数1,316・人数3,733,村の広さは東西18町・南北20町,牛2・馬3,農民は少なく,尾道に接するため商売傭食多く,藺蓆・藺笠などを生産御建山は浄土寺山・西郷寺山・房路山・西国寺山,池は槙峠池2・房路坂上池万治2年後地村地坪之帳に石屋・畳屋・鍛冶・大工・髪結・炭屋など20種以上の職業が記されており,尾道町の需要によって成り立つと考えられる職種が多い明治4年広島県に所属同6年教厚舎創立,同8年後地学校と改称同9年尾道町の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420847
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ