ケータイ辞書JLogosロゴ 雲通村(近世)


広島県>吉舎町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国三谿郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」では薄井村と見え187石余,明暦2年雲通村御詰帳221石余,「芸藩通志」も同高,「天保郷帳」でも薄井村と見え同高,「旧高旧領」も同高。明暦2年雲通村御詰帳では田15町余・畑13町余。宝暦6年差出帳扣では,戸数75(うち本家42)・人数217(うち百姓207・浮過8・出家1・社人1)。「芸藩通志」によれば,戸数55・人数234,村の広さは東西22町・南北1里,牛55・馬8,池は後大谷池,神社は諏訪神社・大歳神社・八幡宮(鎌倉社)・王子社,寺院は臨済宗雲葢山黄梅院。明治4年広島県に所属。同年の戸数52・人数290。同12年の田畑宅地等合計帳によると,地租改正による1反当たり平均地価は田44円79銭余,畑15円76銭余,宅地23円34銭余。同14年八幡小学校雲通分教場を置く。同22年八幡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420858
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ