ケータイ辞書JLogosロゴ 内海町(近代)


広島県>安浦町

 明治29年〜昭和18年の賀茂郡の自治体名。大字は編成せず。明治43年辻村機業場が創業。大正元年の田171町余(賀茂郡志)。同3年の戸数587・人口3,704。黒瀬・西条など内陸部と沿岸部を結ぶ交通の要地で人畜の往来,物資の交流が極めて盛んであったが,鉄道の開通に伴いその地位を奪われた。昭和10年国鉄三呉線(現呉線)が開通し,三津内海(現安浦)駅開設。同18年当町と三津口町にかかる20数万坪の新開を海軍が買収。同19年1月1日安浦町内海となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420876
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ