ケータイ辞書JLogosロゴ 内海跡村(近世)


広島県>安浦町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国賀茂郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」では阿戸村と見え408石余,「芸藩通志」614石余,「天保郷帳」614石余,「旧高旧領」630石余。「芸藩通志」によれば,畝数51町余,戸数181・人数907,牛64。生業は農業,小用浦の者は漁業を営み,川尻村支配で船手御用家役,当村支配で年貢を負う。村鎮守は字上向野原の勘定神社,寺院は字向原の浄土真宗浄念寺。明治4年広島県に所属。同6年小学校教信館を設立。同21年の戸数330・人口1,839。同22年市制町村制施行による内海跡村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420878
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ