ケータイ辞書JLogosロゴ 浦崎村(近世)


広島県>尾道市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国沼隈郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,「元禄郷帳」では古くは浦上村・戸崎村とあるが,元和5年「知行帳」には「戸崎村」の名が見え218石余,元禄12年備前検地850石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに868石余。「備陽六郡志」に村高854石余・畝数104町余うち田447石余・畝39町3反4畝余,畑屋敷406石余・畝65町3反3畝余,塩田は元禄年間に個人築調3町6反,正徳5年に岡浜・本浜の2浜4町2反7畝余で,それぞれ年貢がかかる。また藺作りの地で,織機40機,江戸御用畳は笠岡代官所で検査を受ける。農業のほか,男女ともに畳表・莚などを織り,縄をない,漁労をなし,帆木織を織る者も多少あり,船乗業の者も海岸の集落に多いとされる。宝永8年の戸数126・人数1,249(御差出写帳)。「福山志料」によれば,戸数400・人数2,180,村の広さは東西1里10町・南北14町,牛185・馬3,船80,山に高平山・カガラ山・竜王山,池に小林池,川に新川,防海塘354間,港は北岸に串ケ浜,南岸に灘,属島に浦崎島・テシロ島,名勝に浦崎島(沖の観音)と灘の普賢堂に秀吉手植えの松がある。また神社に住吉大明神・厳島大明神・戸崎大明神・王太子・大神宮・黄幡社,寺院に曹洞宗万年山法運寺・北垣内観音堂,廃寺跡に下見氏の菩提寺香火院妙音寺の跡の戸崎観音堂と普賢堂(もと西明寺),古城跡に戸崎城・新城・海老城,古墓は戸崎観音堂に下見氏の墓がある。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。明治6年沼隈郡小十四区一番小学校創立,同13年浦崎小学校と改称。同22年市制町村制施行による浦崎村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420925
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ