ケータイ辞書JLogosロゴ 江木村(近世)


広島県>久井町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国御調郡のうち。広島藩領。家老三原浅野氏給知。村高は,元和5年「知行帳」,「芸藩通志」「天保郷帳」とも588石余,「旧高旧領」603石余。なお元和5年「知行帳」では「ゑ木村」と見える。寛政4年村差出帳(三原市立図書館蔵)によると,毛付畝62町余・高546石余うち屋敷4反余・7石余,田51町余・498石余,畑11町余・40石余,不足畝数は8町余(42石余)とある。「芸藩通志」によれば,東西20町・南北18町,畝数71町余,戸数102・人数476,牛60・馬93,池に別当池2・吉原池3,神社に稲荷神社(現稲生神社),寺院に臨済宗仏通寺派瑞泉寺(応仁2年開基)があり,古城跡に小早川氏家臣門田元賀の居城と伝える滑山を記す。稲生神社は「杭の稲荷さん」として親しまれ,当地域の中心神社で杭荘8か村(黒河村を含む)より祀られ,中世以来の宮座が残され,各村から奉納される祇園踊り(県無形民俗文化財),2月14日の「はだか祭り」などの行事が知られている。稲生神社山麓で延宝初年より行われた牛市は西日本一帯にその名が知られた。稲生神社山麓には神社の門前町および牛市の宿場を兼ねた町が形成された。明治2年の戸数95・人口470。同4年広島県に所属。同6年惟馨館開校,のち江木小学校と改称。同7年江木郵便取扱所開所,同8年江木郵便局と改称。同21年の戸数121・人口626。同22年久井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420934
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ