ケータイ辞書JLogosロゴ 大君(近代)


広島県>大柿町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ大柿村,昭和2年からは大柿町の大字。明治24年の戸数328・人口1,683。同年大君尋常小学校創立,同28年補習科設置。砲台跡は王泊海岸の山の上にあり,同29年頃陸軍によって広島湾内の各要所に設置された砲台の1つで,同32年8月呉要塞地帯に含まれた。明治30年朝日紡績能美工場を設立。昭和17年同工場を呉海軍建築部へ売却,第11海軍航空廠大君分工場となる。字久保田に工員仮住居・仮兵舎が建つ。同24年工場の敷地・建物を買い戻す。同30年朝日紡績の自家用として30kwの発電装置が完成。同39年県立大柿高校大君分校開校。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420973
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ