ケータイ辞書JLogosロゴ 大浜村(近世)


広島県>因島市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国御調【みつぎ】郡のうち。広島藩領。蔵入地。寛永15年の地詰によって院島村から分村。村高は,元和5年「知行帳」では院島村1,503石余のうち,正徳2年の所務役人頭庄屋郡邑受方記275石余,安永3年村立実録帳271石余・畝数30町余うち田122石余・9町余,畑131石余・20町余,屋舗6石余・4反余,「芸藩通志」275石余・反別31町余,「天保郷帳」では院島村2,817石余のうち,「旧高旧領」275石余。村立実録帳では戸数108・人数502。「芸藩通志」によれば,昔は中庄村の一部であったといい,戸数158・人数795,村の広さは東西18町余・南北23町余,牛30,舟21,農間に海運・製塩・柿渋生産に従事する。御建山に火建山・寸崎山・泉水山・滝山,属島に八重小島大小2(大は周囲1町,中庄八幡宮の御烏喰神事を行う),池に松井池・江良池・滝池・倉谷池(2か所)がある。神社は王太子社,寺院は大永7年に田中右近が再建し,寛延2年に重修と伝える曹洞宗天海山見性寺,古城跡は村上丹波居住と伝える幸崎山(才崎山),古墳墓は才崎山の南に建ち大将の墓という3尺程の自然石(村上丹波の墓とも伝える)があり,また才崎山のうちに千人塚と呼ばれる小墳が約10か所ある。村立実録帳には,因島9か村入会山の大山・奥山・大木原山御余り山と奥山御打余り山1か所の境界に関し中庄村とほか8か村との間に山論が起こり,安永2年いったん御留山とされたが,同年に9か村の愁訴によって,毎年草銀9匁を上納することで入会地に戻ったと記す。御建山泉水山は火山として,毎年一定時に点火。中庄村が海岸を埋め立て新開を開いたのに対して境界論争が起こり,大浜村も自村関係の土地の権利を主張し,明治13年に東京上等裁判所で判決が出されたが,訴訟費用の問題などもからんで,紛争は明治19年まで続いた。当村でも幕末には外国船に対するために農兵隊が組織され,布刈瀬戸防備のため剛女岩に砲台が設置された。10〜50歳までの男子全員による農兵隊の訓練は中庄八幡神社で行われた。これに対して農民が訓練に反対する動きもあった(因島市史)。長州戦争の際,浦加子4人が動員されている。軍用人夫は最終的には7人が出動した。明治4年広島県に所属。同8年大浜学校設置。同21年の戸数265・人口1,325。同22年市制町村制施行による大浜村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421059
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ