ケータイ辞書JLogosロゴ 大屋(近代)


広島県>西城町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ美古登村,昭和17年からは西城町の大字。明治22年西城から三河内【みつがいち】へ抜ける道路が改修開通。同24年の戸数143・人口944。同25年大屋簡易小学校を大屋尋常小学校と改称。同28年大屋の二本栃に鉄滓吹2tの小高炉を築いた(旧県史)。大正2年小学校に村立大屋農業補習学校を付設,昭和8年から農繁期保育所を小学校に開設,同10年村立青年学校大屋教場を小学校に併設。同16年農繁期保育所の業績により,県知事表彰と大阪朝日新聞社から慈愛旗を受ける。同18年小学校校舎焼失。同22年西城中学校大屋分教場を小学校に併設。同36年大屋幼稚会開設。同38年公衆電話を各要所に設置。同44年西城町簡易水道が竣工し大屋川から取水。同45年面積5haの西城町森林組合樹苗場開設。同52年大屋保育所開設。同55年塩田・本谷・寺谷で圃場整備事業に着手。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421091
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ