ケータイ辞書JLogosロゴ 奥山筋(近世)


広島県>芸北町

 江戸期の山県郡北部の村々総称名。慶長6年「検地帳」に「奥山之内中原村」「奥山之内八幡原東村」と見え,近世初頭には,細見・かわお田・中原・南門原・大年原・才乙・草安・土橋・奥原・狩屋形・ふつのふ原・高神原・中曽・政所・宮司・橋山・八幡原東・西野の18か村を指していたが,正保・寛文年間に山野廻村が6か村に分村するに及んで,これも加え,24か村に範囲を広げた。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421167
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ