ケータイ辞書JLogosロゴ 尾崎町(近世〜近代)


広島県>尾道市

江戸期〜現在の町名江戸期は備後国御調【みつぎ】郡後地村のうち明治11〜22年は尾道を冠称江戸期に尾道町の東西に町並みができ,地籍上は後地村扱いとして「地方」と称されたが,その東地方を尾崎町と称し,町庄屋の支配を受けた東は沼隈郡山波村,北は浄土寺山,西は当初防地川を境に尾道町に接し,南は尾道水道近世初期までは堂崎の名が使用されている嘉永元年の後地村免状に新開とともに後地村尾崎とあり,3石7斗余の高付がされている本村との免率が異なっており,堂崎の地先を干拓した新開地と考えられる「芸藩通志」村絵図の東南部海岸に尾崎とある明治7年清風舎創立,同9年後地村の尾道町への合併に伴い後地村の一部を編入同時に防地川東側沿いの地を久保町に編入同22年尾道町の町制施行により尾道町内6町の1つとなる同31年からは尾道市の町名明治24年の戸数498・人口1,841一部が,昭和42年尾崎本町・久保1〜3丁目,同43年東久保町となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421180
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ