ケータイ辞書JLogosロゴ 小田村(近世)


広島県>河内町

 江戸期〜明治22年の村名。豊田郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,105石余。「芸藩通志」によると,広さ47町・長さ34町,畝数126町余,戸数249・人数1,104,牛155・馬33,寺院は真光寺・浄蓮寺,神社は八幡宮,廃寺には実正寺,浄信菴・円明寺・光徳寺・普金寺・兒徳寺・常楽寺などがある。城跡には小田城,真光寺内に小田景範の墓などがある。明治4年広島県に所属。同6年小田小学校を真光寺跡に設立。同21年の戸数297,人口1,320。同22年豊田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421191
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ