ケータイ辞書JLogosロゴ 尾道町(近代)


広島県>尾道市

 明治22〜31年の御調郡の自治体名。江戸期以来の尾道町(尾道尾崎・尾道久保・尾道十四日・尾道土堂・尾道東御所・尾道西御所の6町)に町制施行して成立。尾崎町・久保町・十四日町・土堂町・東御所町・西御所町の6町を編成。明治24年の戸数5,365・人口1万7,593。同年山陽鉄道(現国鉄山陽本線)尾道駅開業。同25年尾道商業会議所(昭和2年尾道商工会議所となる)創立。同27年千光寺山に共楽園の築造開始。同28年住友家が尾道で重役会を開き,住友銀行設立を決める。同29年尾道電灯設立。同30年尾道〜今治航路開設。同31年市制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421223
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ