ケータイ辞書JLogosロゴ 小原村(近世)


広島県>尾道市

 江戸期〜明治22年の村名。御調郡のうち。広島藩領。蔵入地。村高は,元和5年「知行帳」では苧原村と見え586石余,正徳2年所務役人頭庄屋郡邑受方記や「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに710石余。「芸藩通志」によれば,戸数198・人数893,村の広さは東西1里余・南北27町,牛105・馬30,農間余業には採樵に従事し,また藺蓆(畳表)を織る。御調郡藺作十四か村の1村。池に寸也計池・別作池など5,神社に小原八幡宮・稲荷社,寺院に日蓮宗法登山妙教寺(永正3年開基)と中山城主三浦氏の菩提寺,元禄12年再建の浄土真宗花野山最円寺,古城跡に三浦義明の居所で三浦氏累代の居城,永正4年賀親の時,鷲尾山城主杉原元清に攻め落とされたという中山城と古宮山(主名不明・廃祠の跡ともいう)がある。明治4年広島県に所属。同8年小原学校創立。同22年原田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421227
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ