ケータイ辞書JLogosロゴ 鏡浦(近世)


広島県>因島市

 江戸期〜明治22年の村名。御調郡のうち。広島藩領。蔵入地。寛永15年の地詰によって院島村から分村。村高は,元和5年「知行帳」では院島村1,503石余のうち,正徳2年の所務役人頭庄屋郡邑受方記では鏡ケ浦34石余,「芸藩通志」34石余・反別6町余,「天保郷帳」では院島村2,817石余のうち,「旧高旧領」では鏡の浦34石余。「芸藩通志」によると,昔は中庄村の一部ともいい,戸数66・人数390,村の広さは東西7町余・南北10町余,牛18,舟9,農業のほかに海運と塩業を行い,神社に厳島神社がある。明治4年広島県に所属。同21年の戸数102・人口474。同22年三浦村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421270
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ