ケータイ辞書JLogosロゴ 桂(中世)


広島県>吉田町

 室町期から見える地名。安芸国高田郡のうち。当地は鎌倉期に備後国守護であった長井氏の一族が領知し,桂氏を称した。文安3年6月1日桂貞景は広景に「かつらのにし分のうち」を譲渡した。次いで,文明2年2月3日長井時景が弟孫次郎に「時景か本領桂之内合九段」を譲渡し,文明3年には長井広景が孫法師丸に「桂之内広景ちけう分」を譲渡した(閥閲録39)。その後,毛利氏一族の坂広秋の長子広澄が当地に分封され,桂氏を称した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421324
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ