ケータイ辞書JLogosロゴ 桂村(近世)


広島県>吉田町

 江戸期〜明治22年の村名。高田郡のうち。広島藩領。明知と給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」では「かつら村」と見え789石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」でも同高。「国郡志書出帳」によれば,田39町余・428石余,畑18町余・96石余,屋敷6反余・9石余で,うち永川成高231石余,毛付高59町余・533石余。永川成は延宝2年11石余,享保13年13石余。村の規模は東西15町余・南北4町余,地内に社倉蔵1・土蔵6,納屋2,牛馬屋45,牛44・馬4。当村は本郷37町余,枝郷宮本中束5町のほか飛郷に石原1町余,横見2町余,横山4町余,十念・尺地1町余,五升代2町余,ひらしいの木2町余があった。また高野村にも飛地があった。農間稼ぎは木綿織,莚・綿打,藁仕事,物産は綿・葛粉(芸藩通志)。戸数・人数は,正徳2年203・650(所務役人頭庄屋郡邑受方記),「芸藩通志」125・501うち医師2・職人4。寺社は,浄土真宗元浄寺,八幡宮,古城跡2(中山城・星ケ城)。明治3年の戸数151・人口656。同4年広島県に所属。同7年に本立舎(男子教員1,生徒男22・女5)が設立された。同22年郷野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421325
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ