ケータイ辞書JLogosロゴ 上入江村(近世)


広島県>吉田町

 江戸期〜明治22年の村名。高田郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」や「天保郷帳」「旧高旧領」ともに455石余。「芸藩通志」によれば,反別45町4反余,もと下入江村と一か村で,土地が交りあい分ち難いとあるが,村の規模は東西29町・南北6町。「国郡志書出帳」によると,田30町余・329石,畑10町余・97石余,屋敷3反余・4石余,古荒川成24石。正徳2年の所務役人頭庄屋郡邑受方記では戸数102,「芸藩通志」では戸数132・人口431。「国郡志書出帳」によれば,土蔵15,牛馬屋52,牛45・馬9。地内には市場がたち胡社が祀られ,戸数38。長屋村へは長屋渡があった。大池に横見池。神社は獅子頭八幡宮など,城址2。なお土師方面から流れてくる可愛川が直角に流れを変える勝田村境は,出雲街道中の難所の1つであったが,天保年間に土地の大畠・松田屋が巨費を投じ,大石などを取り除き,人々の難渋を救ったという。明治3年の戸数110・人口495。同4年広島県に所属。同7年郵便取扱所開設。同22年郷野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421384
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ