ケータイ辞書JLogosロゴ 上竹田村(近世)


広島県>神辺町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国安那郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」624石余,「水野記」838石余,元禄12年備前検地937石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに942石余。「備後郡村誌」によると,村況は「東西十一町,南北二十町,山六合田畑四合村」「農業之外男ハ柴薪其外縄俵之類御城下へ持出,女ハ木綿を織稼ニ仕候」と記す。「備陽六郡志」によれば,畝数79町余,田697石余・畑240石余,定免6割6分,夫米12石余,小物成米6石余,野山32,池17,神社7,堂9。「備後郡村誌」では戸数71・人数455,馬7・牛21。文化年間の戸数123・人数615,牛69・馬5,河川は中川,池塘2,小池17,神社2,小祠13,小仏屋2,憩亭9(福山志料)。寛政5年藩は当村に綿運上所を設ける(福山市史)。産土神は宮ノ端に鎮座する八幡宮。地内南部の鼓カ岡にある小仏屋について「福山志料」は,「鼓カ岡長福寺ト云フ,アル時本尊虫ハミタルヲ修セシニ,仏ノ背ヨリ櫛三鏡一鼓氏累世ヲ記セシ点鬼等ヲ出ス,鼓ノ一施サラニ一宇ヲ建テ鏡ヲ鋳ナトシテ今ノ如クス」と記す。その仏像は鎌倉期の薬師如来座像。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。同22年市制町村制施行による上竹田村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421430
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ