ケータイ辞書JLogosロゴ 上領家村(近世)


広島県>総領町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国甲奴【こうぬ】郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年からは幕府領。領家村が上領家・中領家・下領家の3か村に分村して成立。村高は,元禄12年備前検地や「天保郷帳」「旧高旧領」ともに204石余。元禄13年の備前検地帳では帳付百姓36,畝数20町余。神石郡古川方面から砂鉄を買い入れて製鉄を行っていたと伝え,森戸家には吹き分け鍛冶用のふいごが残り,金屋子神を祀っていたという。氏神は大仙神社で,文化4年の遷座と伝え,明治になって付近の7社を合祀した。明治元年倉敷県を経て,同4年広島県に所属。同21年の戸数47・人口259。同22年市制町村制施行による上領家村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421482
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ