ケータイ辞書JLogosロゴ 亀谷村(近世)


広島県>総領町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国甲奴【こうぬ】郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年からは幕府領。村高は,元和5年「知行帳」1,015石余,元禄12年備前検地や「天保郷帳」「旧高旧領」ともに729石余。慶長5年から元和5年までは郡代間島美作のもとに甲奴郡代官所が置かれ,滝口又衛門が代官を勤めた。水野氏時代にも,水野分限帳に「弐拾五石,三人ふち,御代官亀谷村居住,山内与右衛門」とあり,上下村とともに甲奴郡福山藩領の中心であった。享保21年飢饉のため農民がとんど行事に集まって年貢の免下げを話し合ったため,責任者は獄門・遠島・閉門とされたという。郷倉が段畑に残っている。江戸末期に2名の庄屋をおいて明治期に至る。明治元年倉敷県を経て,同4年広島県に所属。同10年亀谷小学校が開校。同21年の戸数135・人口724。同22年市制町村制施行による亀谷村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421494
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ