ケータイ辞書JLogosロゴ 川北村(近世)


広島県>神辺町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国安那郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。寛文年間麓村が水野氏の地詰によって川南村と当村の2か村に分村して成立(福山市史)。村高は,「水野記」1,270石余,元禄12年備前検地1,591石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,592石余。「備後郡村誌」によれば,「東西拾七町二十八間,南北拾町四十五間,山四合田畑六合」「農業之外宿場故男ハ上下御通行之御用相勤,其外草鞋・馬沓等仕,女ハ木綿を織稼ニ仕,町並に御座候故商ひ等仕候者茂御座候」と記される。「備陽六郡志」によれば,畝数128町余,田1,187石余・畑404石余,定免6割5厘,夫米19石余・小物成米2石余,寺役銀13匁余・桶屋役銀12匁,御茶屋屋敷引畑高1石4斗,郷蔵屋敷引畑高5斗余,御立山1,寺4・神社9,四ツ堂3,「備後郡村誌」では家数104・人数842,牛10・馬4。文化年間は,戸数236・人数1,077,牛90・馬7,池塘4,堰3(福山志料)。地内の黄葉山麓には福島氏支配までの居館・市場などに関する地名が残る。「福山志料」は,杉原屋敷・壕田・的場・鉄砲町などの地名を記し,水野氏の福山移城後新田となる(西備名区)。三日市・七日市・横町・後町の地名が伝承し(神辺宿川北村分絵図),水野氏時代から幕末まで山陽道神辺駅川北村分として続く。三日市には福山藩直営の茶屋屋敷があり,宝暦年間薩摩島津氏を饗応するが,文化年間には廃屋となっていた(福山志料)。本陣は三日市の尾道屋菅波家とその分家筋にあたる七日市本荘屋菅波家,問屋は三日市の備後屋小兵衛家が勤めていた。宿駅の継立について「備陽六郡志」は,「当地之儀馬継にて御座候付,常々御通之儀上十五日川北村下十五日川南村番相定,御用相勤申候。尤両村共ニ馬数無御座候付,馬差支候節者近村寄馬申付候」と記す。神辺駅川北村分では,明和4年60軒余・文化4年176軒が焼失。宝暦3年2月に一揆が起こった。明和7年4月凶年に付き小作料免除などを願い出る寄合いをもち,神辺駅東口より行動を起こした(菅波家日記)。朱子学者であり漢詩人であった菅茶山は,天明年間初頭七日市に黄葉夕陽村舎と称する私塾を開く。塾生は福山藩を中心に四国・九州・奥州にまで及び,一時期頼山陽・北条霞亭・藤山暮庵らが塾頭を勤めた。産土神は天別豊姫神社で神辺大明神とも称されていた。寺院の多くは福山城下へ移されたが,それらの跡へ浄土宗万念寺・浄土真宗光行寺・真言宗西福寺・曹洞宗竜泉寺などが建立された。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。明治4年藩による男子と女子の啓蒙所が設置され,同7年両啓蒙所を合併し集成小学校と改称する。同22年市制町村制施行による川北村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421521
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ