ケータイ辞書JLogosロゴ 川角村(近世)


広島県>黒瀬町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国賀茂郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」91石余,「国郡志書出帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに98石余。「国郡志書出帳」によれば,畝数11町余,戸数50・人数208,牛25。黒瀬川氾濫時には9割方が水没,川成1町余(高9石余),寛文4・8年は干害で無免,享保17年の秋免1割7分1厘,上納米は七厘米6斗余・壱歩米9斗余・御種米利息1斗余,銀納は15匁余うち家銀13匁余・茶銀1匁余・竹代6分,下木挽水役銀9匁余など。幕末期の庄屋に加藤氏がいる。氏神は幸元宮ノ原に八幡宮があったが,たびたびの洪水で流され,丸山村竜王山へ社地替えをする。今の丸山の真野本八幡神社,社地のあった幸元は御旅所とした(国郡志書出帳)。ほかに荒神・上之神・大石原に地蔵堂がある。延享2年夏の洪水では幸元の上も下も流されてしまい,藩は郡夫1,350人を認めて改修,寛延2年春郡夫100人,同3年米30石を貸し付けている。北東隅に源太池がある。もとは屋敷であって,源太という武士が屋敷の周囲の堀を池として水利の便を計ったもの。南に矢倉があったので,矢倉屋敷という地名となる。また檜谷から出て楢原を経て津江の峠(かめわり峠)を越し広島に出る往還道があった(同前)。明治4年広島県に所属。同22年中黒瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421545
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ