ケータイ辞書JLogosロゴ 川戸村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」では河戸村と見え1,001石余,寛文2年の地詰1,008石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,村の広さは東西1里29町・南北1里13町,戸数255・人数1,285(男665・女620),牛79・馬43,給人8,医師1・神主2・木挽2,長割鍛冶屋1,楮500貫目を産した。「国郡志書出帳」によると,戸数246・人数1,481,牛180・馬34,出家2・社人2,釘地鍛冶屋1軒と小鍛冶があった。田63町余・688石余,畑24町余・88石余,屋敷1町余・24石余,ほかに新開田1町余・6石余,高200石余,御留山の小平山・腰林36・入会野山12,橋5,溝6・雨池10。氏神は尾長八幡宮・吉藤八幡宮・長者熊野権現・金毘羅大権現,寺院は真宗正応寺,小祠10。三滝竜神(三滝観音)の前川を登る石斑魚【うぐい】の大群を老若男女が見物に来たといい,川が浅くなったため文政年間には見られなくなった。明治4年広島県に所属。同7年第九小区書上ケ帳によると,戸数341・人数1,535(男852・女683),神官4・僧2・大工11・木挽19・桶屋5・畳刺1・鍛冶5・針金商2・瓦焼2・酒造稼人1・醤油稼人1・牛馬売買商7・紺屋商2,掲示場1,牛234・駄馬41・鶏20。同22年川迫村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421556
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ