ケータイ辞書JLogosロゴ 川南村(近世)


広島県>神辺町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国安那郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。寛文年間水野氏地詰によって麓村が高屋川を境に川南・川北の2か村に分村して成立(福山市史)。村高は,「水野記」2,543石余,元禄12年備前検地,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに2,599石余。「備後郡村誌」によると,「東西二十九町三拾間,南北十二町。山四合田畑六合村」「農業之外宿場故男ハ上下御通行之御用相勤,其外縄莚等之稼,女ハ木綿を織稼ニ仕,町並茂御座候故小商ひ仕候者茂御座候」と記す。「備陽六郡志」によれば,畝数197町余,田2,139石余・畑460石余,定免5割9分5厘,夫米38石余,小物成米6石余,寺役銀5匁余,郷蔵屋敷引高7升7合,御立山12,野山・草山32,池7,寺2,堂6,神社15。「備後郡村誌」では家数194・人数1,289,牛56・馬7。文化年間は,戸数313・人数1,295,牛104・馬18,池塘11,堰3(福山志料)。地内の黄葉山麓には,福島氏支配までの居館・市場などの地名,紺屋町・十日市などの地名が伝承し,水野氏支配から幕末まで神辺駅川南村分として続く。宿駅の継立について「備陽六郡志」は,「当地之儀馬継にて御座候付,常々御通之儀上十五日川北村下十五日川南村番相定,御用相勤申候。尤両村共に馬数無御座候付,馬差支候節者近村寄馬申付候」と記す。宝暦3年2月28日安那郡加茂谷で蜂起した一揆は,その月の晦日当村庄屋宅にて食を喰い,町場の寺院や郊外の山へ泊り込み,同夜南口より500〜600人が出発した。明和7年4月中旬,当村の百姓が,小作料の免除と借銀の年内返済延期などを願い出ようと協議し,神辺駅東口より行動を起こした。文化2年2月28日十日市より失火,12戸が焼失する。同4年2月18日川北村町場の三日市より失火,当村の紺屋町へも延焼し20軒が焼失(菅波家日記)。藤井暮庵は当村の庄屋役を勤め,また菅茶山の私塾へ入り,のちに塾頭となり,頼山陽とも親交を持つ。十日市の自宅裏に南北春水村舎と称する私塾を開いた。産土神は川北村分黄葉山北麓に鎮座する天別豊姫神社。法華宗妙立寺は応永年間日親上人の開基。ほかに浄土真宗光蓮寺がある。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。明治4年字十日市に神辺郵便取扱所と啓蒙所が設立される。啓蒙所は同7年字十ノ丁に移され化成学校となり,同20年安那郡第一尋常小学校と改称された(郡制二十五年 深安郡)。同22年市制町村制施行による川南村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421575
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ