ケータイ辞書JLogosロゴ 川南村(近代)


広島県>神辺町

 明治22年〜昭和4年の自治体名。はじめ安那郡,明治31年からは深安郡に所属。大字は編成せず。明治24年の戸数352・人口1,766。同39年の戸数360・人口1,628,牛120(川南村誌)。大正期に入り字六の丁に役場,字十日市に神辺郵便局,字紺屋町に福山警察署神辺派出所が設置された。大正10年頃の戸数450・人口2,431(男1,214・女1,217),家畜種目別飼養戸数・頭数は牛64・69,馬27・27,ニワトリ119・593,工場数は綿織物9・綿糸染色3,絹リボン製織1,絖1。明治24年に設立された神辺南尋常小学校に大正3年高等科を併置。同11年の生徒数499(尋常科357・高等科142)。大正3年両備軽便鉄道(現国鉄福塩線)福山〜府中間が開通し字六の丁に神辺駅開設。同11年両備軽便鉄道神辺〜高屋間が開通(郡制二十五年 深安郡)。大正8年高屋川堤防の片山裏が,翌9年王子山裏が決壊し,一帯の水田は壊滅的な被害を受け,同10年県から低利融資約4万円を得て災害復旧にあてた。同年当村と周辺5か村の小作農民は耕地返付共同申出・小作料軽減・小作契約改革の諸要求の運動を展開し,同11年小作米低減期成同盟会を結成(福山市史)。昭和4年神辺町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421576
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ