ケータイ辞書JLogosロゴ 神辺町(近代)


広島県>神辺町

 昭和4年〜現在の深安郡の自治体名。神辺平野の南部。川北村と川南村が合併して成立。旧村名を継承した2大字を編成。昭和5年川南字町に役場を新築。同年の世帯数1,009・人口4,875(男2,276・女2,599)。同6年中稲に出水が多く,田82町余・畑2畝余が災害免租地となった。同9年備後織物工場組合が結成され,組合員数69,工場数は,撚糸・リボン・染工・織布など47。同10年の町況は,人口5,299,自動車7・馬車6・荷車57・自転車805(神辺町の現勢)。同29年御野・竹尋・湯田・中条・道上の5か村を合併し,15大字を加える。合併時の世帯数4,621・人口2万4,259。同56年新徳田1〜3丁目が起立し3町17大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421591
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ