ケータイ辞書JLogosロゴ 吉舎村(近代)


広島県>吉舎町

 明治22年〜大正9年の自治体名。はじめ三谿郡,明治31年からは双三郡に所属。吉舎・三玉・矢井・矢野地・海田原・敷地・安田の7か村が合併して成立。旧村名を継承した7大字を編成。役場を吉舎に置く。明治24年の戸数1,029・人口5,401。漢学塾日彰館から慶応義塾に学んだ奥愛次郎は,明治27年私立日彰館中学校(現県立日彰館高校)を設立,同35年文部省認可を得た。氏の同館設立と補助要求の趣意書の発表は県会を動かし,明治30年三次の県立第三尋常中学校(現県立三次高校)設立につながった。同41年頃,友人の日彰館中学教員を介して,石川啄木が同校へ教師として就職を依頼したこともあった(福場幸一回顧談)。明治45年には日彰館実科高等女学校(大正8年日彰館高等女学校に改称)も設立された。備後南部の尾道・三原と県北を結ぶ中継地になっていた当村に,明治33年頃荷馬車が利用されはじめ,南部からの石油・紡績糸・うどん・塩・砂糖など日用品と三次・庄原方面からの米・炭・鉄などが取引され,毎日数十台の荷馬車が往来したという。しかし大正4年広島〜三次間に芸備鉄道(現国鉄芸備線)が開通したのちは当村の商業的機能は大幅に低下した。大正9年の世帯数1,175・人口5,762。同年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421605
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ