ケータイ辞書JLogosロゴ 木谷村(中世)


広島県>安芸津町

 南北朝期〜戦国期に見える村名。安芸国賀茂郡のうち。室町幕府からの安堵状などには一般に,近隣の三津村・風早村と併せて三津三浦,あるいは単に三津村と総称された。南北朝半ばに竹原小早川氏が入り,その所領となった。貞治2年3月18日付小早川実義譲状に「三津村〈以木谷・三津・風早三ケ村号三津村〉」と見え,実義から息男義春に譲られている。「三津村地頭職」は,建武5年に阿曽沼師綱の知行するところとなり,その後,延文5年に至って実義が中国管領細川頼之から預け置かれたものであるが,この三津村には当村が含まれていたであろう。応永5年5月13日付小早川仲義譲状に三津村・木谷村・風早村とあるなど,実義・義春以降,当村は三津村・木谷村とともに,代々竹原小早川氏の嫡流に伝えられた。永享10年,盛景の代には「三津三浦」の課役・段銭免除,守護使不入の特権を幕府から与えられ,寛正4年,弘景の代にもこの特権を安堵されている。小早川弘景置文写によれば「木谷天門之下より別候,さりながら,これもひら給分なミにふち候間,いゑのこにて候」とあるように,竹原小早川氏の家臣(家の子)である木谷氏が居住した(小早川家文書)。戦国期には天文22年6月,小早川隆景が家臣田坂与一兵衛尉に「木谷反銭之内弐貫文」を宛行っている(田坂文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421619
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ