ケータイ辞書JLogosロゴ 木津和村(近世)


広島県>神石郡三和町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国神石【じんせき】郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,享保2年からは豊前中津藩領。村高は元和5年「知行帳」では吉和村と見え432石余,寛文11年地詰帳501石余,元禄12年備前検地や「天保郷帳」「旧高旧領」ともに549石余。代官所のあった小畠へ2里,上下へ2里の位置にあり,村の規模は東西21町・南北32町。安永元年の村調によれば,寺2(臨済宗願成寺・福成寺)・四ツ堂3,氏宮9(八幡宮・青滝明神・平岡明神・五子宮・権現宮・竜王宮),古城跡5,御林6(木頭山・通谷・柊ケ原山・高広石山),溜池2・井堰23,猟師鉄砲3,田40町・畑28町4反。天明年間に飢饉で難渋したことが小畠代官所御用留から知られる。明治4年中津県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。戸数・人口は明治初年88・461,同10年96・532,同20年97・537。明治8年の田58町1反・畑26町2反。明治6年高蓋小学校の分教場が本村に創立され,同15年独立した小学校となった。同22年市制町村制施行による木津和村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421631
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ