ケータイ辞書JLogosロゴ 木門田村(近世)


広島県>尾道市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国御調【みつぎ】郡のうち。広島藩領。蔵入地。村高は,元和5年「知行帳」では門田村と見え655石余,正徳2年所務役人頭庄屋郡邑受方記や「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに779石余。「天保郷帳」も門田村と見える。「芸藩通志」によれば,戸数158・人数733,村の広さは東西27町・南北26町,牛78・馬48,農林業のほかに藺蓆(畳表)を織る。御調郡藺作十四か村の1村。池に青笹池・宇津木谷池など6,寺院に真言宗谷岩(巌)山九品寺(元禄元年再興),廃寺跡に済法寺,古城跡に杉原盛重の家人石原小次郎景直・石原弥次郎居城と伝える家政城と門田馬之丞居所の門田城,故家に天正年間馬之丞を祖とし,慶長年間から帰農し,世々里正を務めた村井氏がある。明治4年広島県に所属。同16年小学校創立。同21年の戸数189・人口1,141。同22年木ノ庄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421660
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ