ケータイ辞書JLogosロゴ 国近森近村(近世)


広島県>黒瀬町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国賀茂郡のうち。国近守近村とも書く。広島藩領。明知・給知が入り交じる地。村高は,元和5年「知行帳」502石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに507石余。古くは国近・森近,枝郷行定(現行貞)・保田,飛郷馬木・今田・大河内は独立した村で,のちに国近・森近の2か村となり,さらに当村一村となったという(芸藩通志)。氏神は字宮迫にある雷八幡神社,建武元年の棟札に東条8か村の総鎮守神とあった(社記)。寺院は字土井免にある浄土宗鎮西派光明山遍照院随泉寺,鎌倉期僧日永の開基と伝える(西条町誌)。幕末・維新期中原某・荒谷石太郎が寺子屋を開く。明治4年広島県に所属。同6年興譲館を創立,同9年馬木小学校のち森近簡易小学校となる。同22年板城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421731
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ