ケータイ辞書JLogosロゴ 倉橋島村(近世)


広島県>倉橋町

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国安芸郡のうち。郷帳類には単に倉橋島と見える。また「元禄郷帳」では倉橋村とある。広島藩領。検地は慶長6年。村高は,元和5年「知行帳」850石余,「芸藩通志」「天保郷帳」ともに1,115石余,「旧高旧領」1,122石余。戸数・人数は,元禄16年差出帖638・2,936(男1,491・女1,445),明和2年差出帖控697・4,007(男2,101・女1,906),「芸藩通志」1,199・6,060。無地浮過が多く,元禄16年では638軒のうち本家218軒に対し浮過65軒。寛保4年人数目録では男1,660人のうち本百姓168人に対し浮過468人に及ぶ。「芸藩通志」には「棉布 諸村に製すれど倉橋島尤名あり」「船 倉橋島に古より船匠多くあり,大小諸船を造る」とあり,鹿老渡には藩の遠見番所が置かれたと記される。漁場は芸備6漁場のうち上浦漁場へ出漁。寛文年間には引船引網漁が紀州から伝えられる(日本漁業史)。特に造船業は渡島(北海道)から薩摩まで顧客を持ち全国的に知られた存在であった(友沢家文書)。元禄16年安芸郡倉橋島差出帖では,畝数108町余うち田54町余,高1,106石余,年貢率は寛永15年に5割5分,寛文7年2割,以後3〜4割。ほかに蒲刈繋船米5石3斗余,諸人給米53石1斗余,御種米36石5斗,力役米136石5升余,小物成銀938匁余,諸職人水役銀1貫172匁余を上納。水役銀の内訳は造船関係者で,大工38人・757匁余,鍛冶11人・252匁,大鋸4人・163匁余。造船業は文化・文政年間の最盛期ののち衰退していく。文久3年船座御場所が設立され,藩からも3年間で銀350貫目が貸し付けられた(倉橋町公民館文書)。総氏神社は八幡宮,本浦にあり,明治4年以後は地名をとり桂浜神社と称す。同年広島県に所属。同6年に倉橋小学校が設立され,翌年から各浦ごとに小学校の設置が進む。同15年桂浜西側のドックを改修し西洋型帆船の修理にも応ずる宝莱船渠が創設される。同22年市制町村制施行による倉橋島村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421773
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ