ケータイ辞書JLogosロゴ 来見村(近代)


広島県>神石郡三和町

 明治22年〜昭和30年の神石郡の自治体名。坂瀬川・時安・井関・大矢の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。役場を県道福山東城線に沿う上井関に設置。村名の由来は合併時に半数近くの人口を占めていた時安村の旧名胡桃村による。戸数・人口は,明治22年448・2,178,同24年427・2,293。大正9年の世帯数472・人口2,464。同14年総戸数453戸のうち396戸が農業。同年の耕地面積は田185町2反・畑150町4反,作付面積は米184町1反・麦126町3反・コンニャクイモ29町2反・葉煙草8町2反。和牛は明治22年には38頭に過ぎなかったが,大正14年には293戸の農家で497頭(子牛を含む)が飼養されていた。昭和25年の世帯数472・人口2,717。同30年三和【さんわ】町の一部となり,村制時の4大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421800
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ