ケータイ辞書JLogosロゴ 黒瀬町(近代)


広島県>黒瀬町

 昭和29年〜現在の賀茂郡の自治体名。黒瀬川中流域。上黒瀬・中黒瀬・下黒瀬・乃美尾の4か村が合併して成立。宗近柳国・南方・大多田・丸山・楢原・兼広・切田・市飯田・上保田・川角・菅田・津江・兼沢・乃美尾の14大字を編成。役場を丸山に設置。昭和30年板城村の一部を合併し,国近・小多田の2大字を加え16大字となる。同59年広島中央テクノポリスの指定地域となり,呉市とともに南部テクノポリス区と呼ばれ,酪農・農業と新産業が調和した田園都市作りが策定されている。世帯数・人口は,昭和30年2,403・1万1,291,同59年4,906・1万6,144。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421816
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ