ケータイ辞書JLogosロゴ 警固屋村(近世)


広島県>呉市

 江戸期〜明治22年の村名。安芸国安芸郡のうち。広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」では「なべけごや鳥の平村」と見え366石余,「芸藩通志」392石余,「天保郷帳」では「なべけごやとのひら村」と見え392石余,「旧高旧領」392石余。「芸藩通志」では畝数39町余。「国郡志書出帳」によれば,戸数153,蔵・納屋11,人数812,牛78,船7。また家族を含めた職業別人数は百姓752・漁師10・浮過50,産物は小芋・琉球芋・大根・楮・綿・煙草など,農間余業は山稼ぎ。村内には宇佐八幡宮(祭日8月17日)をはじめ15の神社がある。嘉永元年8月水野酒造場を設立。明治4年広島県に所属。同7年玉昇館(のちの鍋小学校)を創立。同12年の戸数332・人口1,616。同22年市制町村制施行による警固屋村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421837
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ