ケータイ辞書JLogosロゴ 高祖(近代)


広島県>沖美町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ三高村,昭和31年からは沖美町の大字。明治24年の戸数152・人口923。明治30年代末から煉瓦製造が興り,第1次大戦のブームにより工員など270人,年産1,080万個を数えるまでに成長する。土・石炭や製品の運搬船をつくる造船業などの関連産業への波及効果は多大なものがあったという(佐伯郡誌)。昭和31年一部が美能となる。同32年三高簡易水道完成。同36年美能との間に県道開通。同年バスが走る。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421866
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ