ケータイ辞書JLogosロゴ 甲奴村(近代)


広島県>甲奴町

 明治28年〜昭和30年の甲奴【こうぬ】郡の自治体名。福田・西野・梶田・本郷の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。役場を西野に設置。明治37年頃耕地整理事業が始まり,同38年東郷池,同40年大山池,大正元年アベ池・長屋池などが完成。「旧県史」によると,大正9年の面積1方里余,田243町余・畑51町余・宅地14町余・山林742町余,戸数435・人口2,175。同10年頃電灯架設工事が始まる。昭和10年国鉄福塩北線(現福塩線)吉舎【きさ】〜上下間開通,甲奴駅開設,同13年全線開通。同27年甲奴郡甲奴村上川村世羅郡広定村学校組合立甲奴中学校新校舎落成。同28年甲奴郵便局が福田から西野に移転。同30年甲奴町の一部となり,村制時の4大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421880
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ