ケータイ辞書JLogosロゴ 西城町(近代)


広島県>西城町

 明治31年〜現在の比婆郡の自治体名。村制時の5大字を継承。明治34年県道西城東城線開通。同35年稚蚕共同飼育を始める。明治32年大富蚕業組合(組合員数栗33・平子17)を結成。同36年西城郵便局に通信開通。同38年西城信用組合設立。同42年の田地220町余・畑地77町・山林832町余・宅地22町余,戸数885・人口4,500,産物は繭760石余(2万7,500円余),三椏1万2,000貫(2,500円),醤油1,550石(2万6,500円),酒650石(2万2,750円)など(比婆郡誌)。明治39年大佐に種馬所(島根県八川種馬所の支所)が開設され,同41年,西城・栗・大佐に殺蛹所が開設された。同44年西城郵便局に電話開通。大正3年電灯が使用され始める。同7年8月16日米騒動が西城に波及。同9年比婆銀行を合併し芸備銀行西城支店開業。同11年西城町青年訓練所開設。同12年大洪水で開明橋・大橋など諸橋と灯明台を流失。昭和3年町立西城実科高等女学校を小学校に併設。西城公会堂落成。同7年西城商工会設立。同9年国鉄三神線(現芸備線)庄原〜西城間が開通。大佐字三野原に備後西城駅を開設。三神線は同11年全通。同17年美古登村を合併し,5大字を加え10大字となる。同18年県立西城保健所を大佐に開設。同20年広島高等師範学校付属国民学校児童が集団疎開し(引率26・児童270),全政寺・蓮照寺・西願寺などを宿舎とした。同24年町立家政専門学校設立。同27年平子に国鉄芸備線平子駅開設。同29年八鉾村を合併し,4大字を加え14大字となる。同30年八鳥に明賀発電所,熊野に別所発電所が完成。同37年法京寺発電所を八鳥に開設。同31年町役場が大佐字三野原に移り,西城橋架設。同34年大富山に共同受信アンテナを設置。同39年中国電力落合発電所開設。同43年県立西城高校が県立西城商業高校となる。同45年比婆山山麓に怪獣ヒバゴン出没の話題で全国にその名を知られる。同46年国鉄木次線油木駅,同47年芸備線平子・比婆山・道後山駅が無人駅となる。同49年町内の西城・八鉾中学校油木分校・熊野分校を統合。世帯数・人口は昭和50年1,830・6,790,同55年1,814・6,482。農家数は同50年1,057,同55年1,014。同年の経営耕地面積816ha,うち水田81%。昭和54年の商店数は145,うち小売業8%。同55年には小学校8・児童数411。中学校1・生徒数212。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421990
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ