ケータイ辞書JLogosロゴ 幸町(近世〜近代)


広島県>宮島町

江戸期〜現在の通称地名厳島神社東方の東町のうち塔の岡の北側山すそで,近世のはじめ有浦の埋立てによってできた午王社(道祖神とも)と呼ばれた幸神社がある「芸藩通志」には「町内に午王社あるを以,午王町といひしを,文化年中より今称に改む」とある戸数は,延享3年44(東町別家数),文化元年48(東町軒別間尺書)明治22年厳島町,昭和25年からは宮島町の通称地名となる近世末から有浦を埋め立て町域を拡大し,現在では幸町地域,幸町西表・幸町西浜・幸町東表・幸町東浜に区分されている「芸藩通志」に銕鳥居があったとあるが,今はない
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7421998
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ