ケータイ辞書JLogosロゴ 堺荘(古代)


広島県>久井町

平安期に見える荘園名備後国御調【みつぎ】郡のうち応和元年6月5日付九条師輔処分状に「一,備後国堺庄」とあり,天徳4年5月に没した九条師輔の遺志により,叡山に上っていた息尋禅へ譲られた11か荘の1か村であった(門葉記巻140)天台座主となり妙香院門跡を起こした尋禅(慈認和尚)は,死を前にした永祚2年2月13日に遺誡を認め,妙香院に10か荘を施入その1つに当荘の名が見える彼の本意は,地子を院用ならびに君達料に充てることにあった(同前巻79)現在の久井町坂井原付近に比定されるなお,渋川義陸が大永6年に写させた御調八幡宮社領書立写に「堺原上下村」と見え(御調八幡宮文書),荘域内にこの村が含まれていたと考えられるから,当荘がある段階で御調別宮に組込まれたと推測できる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422012
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ