ケータイ辞書JLogosロゴ 山波村(近世)


広島県>尾道市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国沼隈郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」139石余,元禄12年備前検地217石余,「天保郷郷」「旧高旧領」ともに219石余。「備陽六郡志」によれば,村高217石余・畝数30町2反6畝余うち田66石余・6町3反7畝余,畑屋敷150石余・23町8反8畝余。戸数・人数は,「福山志料」84・404,文化12年203・1,010,明治5年235・1,150。「福山志料」によれば,村の広さは東西19町・南北16町,牛63,舟9,農業のほかは男女ともに塩菰を編み,貝類を採取する。山は瓜迫山,古跡に吉備津彦命・吉備臣屋代にかかわるものがある。艮大明神は産土神で,「水野記」に高須景勝が神領を寄進し,毛利氏に伴い防長へ移り,のち神領廃止とあり,ほかに大宰大明神(塩田),寺院は仙性庵,安養寺ともいい,薬師堂。また延宝2年開基の浄土宗立信山専唱寺は文化9年類焼,文化3年再興。古城跡に岳ケ端城,下見三郎左衛門居所,別の古城記に高須元胤家老下見行正,戸崎からここに移るとあり,古墓に下見行正墓。当村の新開は,慶応3年福山藩浜奉行築造の山波今免新涯は田畑塩田養魚池17町4反,元禄14年個人築造の浜岡新涯は田畑塩田宅地2町1反,同浜田新涯は元治元年25人で修築,田畑1町8反,同越面新涯は田畑2町1反,元治元年30人で築造の倉ノ内新涯は田畑2町3反がある。また新開の中の塩田は東浜(今免新涯)・西浜(今免新涯)・小屋浜(浜岡)の3浜で5町3反9畝余がある(沼隈郡誌)。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。明治6年小学校創立,同9年山波学校と改称。同11年山波小学校と改称。同21年の戸数290・人口1,506。同22年市制町村制施行による山波村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422084
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ