ケータイ辞書JLogosロゴ 重井村(近世)


広島県>因島市

 江戸期〜明治22年の村名。御調郡のうち。広島藩領。蔵入地。寛永15年の地詰によって院島村から分村。村高は,元和5年「知行帳」では院島村1,503石余のうち,寛永15年地詰帳476石余・畝数67町余うち田282石余・29町余,畑166石余・36町余,屋敷12石余・8反余,塩浜15石余・8反余・ぬ井数51,正徳2年の所務役人頭庄屋郡邑受方記556石余,「芸藩通志」562石余,「天保郷帳」では院島村2,817石余のうち,「旧高旧領」562石余。明暦3年の新開地詰帳には新開21石余を高付けしている。安永3年村立実録帳では戸数414・人数1,389(うち細島13石余・23軒・83人)。「芸藩通志」によれば,戸数381・人数2,173,村の広さは東西20町・南北15町,ほかに属島の大細島(細島)は周囲27町,小細島は周囲15町,巴豆島(四十島)は周囲2町余,須々女島・波加乃島はともに周囲3〜40間,細の州は10町四方あり,中藻磯(州)半分は安芸国豊田郡に属す。牛150,舟49,農間に舟運・塩田の業に従事,物産は江瑶柱。御建山に八幡山・馬神山・小細山・八幡山,御留山に滝山・竜王山,池に和左田池・夜昼池・志々穴谷池・須古恵池・山神池,名勝に石観音。神社に,寛正年間勧請と伝え,正徳年間の記録に永禄12年修造棟札の文を載すとある(宮ノ上)八幡宮,寺院に曹洞宗通玄山善興寺(寛永2年再興),廃寺に無量寺・正光寺・天秀庵・長福寺(細島),古城跡に村上新左衛門拠所と伝える馬神山・青木山,故家に村上氏(村上義光の末孫という,慶長年間に彦右衛門から里正となる)があると記されている。「因島市史」によると,明暦3年に川口新開,寛文11年に郷新開,元禄10年に青木新開,宝永3年に長衛門新開,享保9年に前沖新開,宝暦10年に宮沖新開が完成。天保9年に重井西港が完成し,また「柏原水翁築港碑」に20年かかったとある東港が安政4年に完成。「竹原塩田誌」によれば嘉永初年の重井浜3軒の売塩は4,000俵で,領内売とある。当村の柏原伝六は,文政5年42歳のとき,信仰的悟達の境に入り,村の東部の白滝山(滝山)山頂の観音堂にこもって修行した。伝六が山ごもりの際刻んだ多くの石仏群が彼の信仰心を今に伝えている。明治4年広島県に所属。同6年村内竜王山で徴兵令反対騒動が起こり,300余名が集結したが,説諭により即日解散している。同21年の戸数961・人口4,749。同22年市制町村制施行による重井村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422104
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ