ケータイ辞書JLogosロゴ 下河内(近代)


広島県>河内町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ大河村,大正13年からは河内町の大字。明治24年の戸数57・人口251。同27年中河内に山陽鉄道(現国鉄山陽本線)河内駅が設置されたことに伴い,下河内の西端地域の市街地化が進展した。大正14年東高屋村の白市高等女学校が当地に移転し,河内高等女学校と改称して開校,昭和2年学校法人河内学園となる。同29年字串ケ平に町民グラウンド竣工。同44年中国電力椋梨川発電所が竣工し,最大出力2万3,100kwの発電を開始した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422203
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ