ケータイ辞書JLogosロゴ 下御領村(近世)


広島県>神辺町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国安那郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」721石余,「水野記」909石余,元禄12年備前検地,「天保郷帳」ともに1,101石余。「備後郡村誌」によると,村況は「東西九町,南北拾町。山四合田畑六合村」「農業之外男ハ莚を打縄なひ,女ハ木綿を織稼ニ仕候」と記す。「備陽六郡志」によれば,畝数94町余,田885石余・畑246石余,定免5割,小物成米4石余,夫米13石余,寺役銀2匁余,小林15,藪14,高札場1,寺1,神社11,村指出帳では戸数82,人数505,牛15・馬3。溜池用水の大原池は湯野村との寄合池,当村は山陽道筋にあたるため,「御大名様御進被遊候節人馬御割符被仰付出シ申候」「往還筋御目通り家長屋等破損見苦敷罷成候ヘバ,御見分之上銀子材木等被遣修覆被仰付候」とある。文化年間の戸数135・人数512,牛61・馬3,河川は高屋川・ドウドウ川,池塘6,憩亭2(福山志料)。延宝元年5月長雨により国分寺奥の大原池が決壊し,国分寺をはじめ倒壊家屋10,死者63に及んだ(快範記)。明和7年「古老モ覚エサル大旱魃百年以来の旱」(菅波家日記)に端を発した百姓一揆で,当村出身者が処刑された(福山市史)。産土神は田村町に鎮座する八幡宮,寺院は真言宗国分寺。上手樋町には修験道本山派に属する法道寺があり,「福山志料」は「後深草院ノ御宇三条右大臣藤原法道ト云人,宝治二年ニ開基セルニテ愛宕山華蔓院法道寺ト号ス」と記す。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。同20年個人の家屋を買入れて安那郡第二尋常小学校を設立。同22年御野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422208
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ