ケータイ辞書JLogosロゴ 下竹田村(近世)


広島県>神辺町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国安那郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」1,028石余,「水野記」1,350石余,元禄12年備前検地1,438石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,454石余。「備後郡村誌」によると,村況は「東西拾五町,南北二十六町。山七合田畑三合村」「農業之外男ハ縄俵拵,女ハ木綿ヲ織稼ニ仕候」と記す。「備陽六郡志」によれば,畝数122町余,田1,115石余・畑323石余,定免5割6分5厘,夫米20石余,小物成米4石余,大工役銀9匁6分,御立山1,御立藪2,野山45,池17,神社31,堂14。「備後郡村誌」では戸数145・人数744,馬8・牛31。文化年間の戸数221・人数996,牛98,河川は高屋川・中川・ハサマ川,池塘6,八幡宮2,小祠33,小仏屋5,憩亭8(福山志料)。宝暦3年2月に一揆があった。明和7年8月には当村より一揆が発生した。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。同22年市制町村制施行による下竹田村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7422223
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ